ニチガク医進館2018年(2017年度)

全208名中 201名合格!

合格率96.6%

東大

11名中9名合格

理I

1名

理II

1名

文I

1名

文II

2名

文III

2名

ほか国立大学

39名合格

医学部

13名合格

早稲田

25名中22名合格

慶應

23名中20名合格

上智

16名中12名合格

GMARCH

47名合格

私立医学部

16名中13名合格

その他

31名合格

ニチガク医進館2017年(2016年度)

全216名中 207名合格!

合格率95.8%

東大

13名中11名合格

理I

2名

理II

3名

文I

2名

文II

2名

文III

2名

ほか国立大学

42名合格

医学部

7名合格

早稲田

28名中26名合格

慶應

22名中19名合格

上智

14名中12名合格

GMARCH

56名合格

私立医学部

12名中10名合格

その他

31名合格

ニチガク医進館合格実績【合格者の声】

防衛医科大学校 医学科 S・Tさん

医学部に強く、少人数で受講できるということで、この予備校を選びました。ポイントを抑えた講義で無理がなく、質問もしやすかったです。特に苦手だった数学をとても伸ばせたことは、本当に良かったと思いポイントを抑えた講義で無理がなく、質問もしやすかったです。特に苦手だった数学をとても伸ばせたことは、本当に良かったと思ます。また、担任の先生からは、受験までの学習スケジュールを親身にになって組み立てていただいたので本当に感謝しています。絶対、立派な(?)医師になって、皆さんに恩返しをしたいと思います。今までありがとうございました。

東京大学・医学部 T・Mさん

正直、大変な1年間でしたが、担任の先生指導のもと、スケジュール管理や生活管理をこなしていくことで、何とか乗り切れました。合格発表はネットで見たのですが、自分の番号を発見したときは自然に涙がこみ上げてきてしまい、その後、何度も自分の番号を確認しました。厳しい浪人生活から解放された嬉しさよりも、ニチガクで積み上げた時間が終わることに対する名残惜しい気持ちと、今までの自分を支えてくれた両親や予備校の先生たちに感謝したい気持ちでいっぱいです。受験勉強は大変ですが、自分に妥協せず、最善を尽くしたといえる日々を送ってください。そして大変な時こそ、医師になりたいという気持ちに立ち返って頑張ってください!

日本医科大学 A・Yさん

高1の時から医師を目指しました。周囲からは無理だと言われましたが諦めきれず、高2の時から予備校に通いはじめました。自分としては一生懸命やったつもりなのに結果は惨敗。浪人が決まった時、どこの予備校にしようかと迷っていたときに、他の予備校とは違うオーラを感じたのがニチガクでした。入ってみたら予感は的中。本当にただものではない予備校でした。塾長をはじめ、担任の先生やチューターが、みな素晴らしく、本当に充実した1年間でした。唯一、悔やまれることは、なぜ現役の時から通わなかったんだろうということです。

順天堂大学・医学部 K・Tさん

ニチガクで印象的だったのが、担任の先生が薦めてくれた参考書です。現役時代に通っていた塾から指定されたものとは異なる参考書や問題集を自習用に推薦してくださったのですが、自分のレベルに合った参考書や問題集に取り組むだけで驚くほどに成績が上がることに気が付きました。授業、個別指導、プリント、演習授業などなど、あっという間に過ぎ去った1年間でしたが、担任の先生に私の性格や勉強方法を一発で見抜かれたことが、ニチガク時代の一番の思い出です。

東京慈恵会医科大学・医学部 S・Hさん

高いモチベーションを維持して勉強しようと勤めました。「モチベーションを持って勉強 → 必要な演習量をこなせる → 合格!」だと思います。
チューター方に個別指導で沢山教えていただいたおかげで物理がとてものびました。着実に一歩一歩進んだことが力になると私は考えます。私の経験からして、初めのうちは担任の先生と二人三脚で進んで行くのが着実に実力を付ける早道だと思います。
これから受験される皆さん、合格発表のその瞬間まで合否はわかりません。最後まで絶対に諦めないでください。

浜松医科大学・医学科 N・Eさん

現役生のときには化学で苦労しました。元々、化学は定期テストで点数が良かったので特に力を入れていなかったのですが、受験間際になって過去問がまったく解けなくなってしまい、どうしたらいいかわからないまま二次試験の日を迎え、化学は25点という結果に…。基礎から徹底的にやりなおそうと決意してニチガクに入りました。苦手な化学の講義を集中的に取り組み、個別指導では徹底的にチューターに絞られました。お陰で他の教科にも自信がつき、今こうして体験記を書くことが出来ています

埼玉医科大学・医学部 K・Aさん

高校1年生のレベルに遡ってのスタートだったので、最初は正直不安でした。実際、成績が伸びる手ごたえを感じはじめたのは夏あたりからでした。ただ、それからは、少しずつ努力したぶんだけ自分の実力につながってきたことを実感。一見、遠回りのように見えても、ニチガクでの着実な勉強が合格につながったのだと思います。受験生の皆さんにアドバイスするとしたら、結果が出るまでには時間がかかるということです。3ヵ月くらいは毎日努力をしていても結果が出ないこともあります。そんな時でも焦らず、くさらずです。担任の先生やチューターが私のメンタルをサポートしてくださったことにも感謝です。

東邦大学・医学部 K・Sさん

ニチガクは、集団授業と個別指導を組み合わせることができるので、数学の力が不足していた私は数学の個別指導を受けることができてよかったです。授業は、先生方が全員プロフェッショナルでわかりやすく、意欲も伝わってくるのでぐいぐい引き込まれました。アットホームな雰囲気で先生方にとても質問しやすいし、生徒同士の仲もよく、わからない所は教え合うなど理解を深めました。

聖マリアンナ医科大学 S・Kさん

浪人が決まって、けっこうたくさんの予備校を見学したのですが「ここでやれば合格できる!」と確信させてくれた予備校でした。日々の課題がめちゃくちゃ多くて、正直、かなりハードな1年でしたが、自分の限界まで頑張れたことと、結果を出せたことに満足です。

山形大学・医学部 S・Yさん

地元から離れて東京で一人暮らしをしながら浪人生活を送ることには最初は不安でしたが、担任の先生やスタッフの方々が暖かい声をかけてくださったお陰で、1年間頑張りとおすことができました。ありがとうございました。

岩手医科大学・医学部 D・Tさん

ニチガクに通って良かったことは、まず授業が少人数制ということで、より親身になって教えてもらえたという点と、担任やチューターが生徒ごとに弱点を把握してもらえるという点が非常に大きかったです。次に個別授業では1対1で、こちらの弱点を把握してもらえるので、そこを集中的に鍛えてもらえたため、弱点を克服できました。
最初の面談の時に「君なら必ず医学部に合格できる」と言ってもらえたたことが非常に励みになりました。

日本医科大学 H・Hさん

ニチガクに通いはじめてからというものの、僕の受験勉強のスタイルは劇的に変わりました。模試ではいつもA判定が出ていたので、現役で合格すると高をくくっていましたが、いくつかの単元のとんでもないところの基礎が抜けていることを発見。それも英語、数学、物理などすべての教科のかゆいところにです。それをいち早く発見して修正の課題を出してくれた先生のお陰です。もし、気づかないまま1年間を過ごしていたら、また浪人していたんじゃないかと思うと怖いです。

東京慈恵会医科大学・医学部 W・Aさん

今までSRで頑張った甲斐があったと思います。個別指導がとてもためになりました。塾長、先生、チューターの皆さんに感謝感謝です。ありがとうございました。

弘前大学・医学部医学科 U・Mさん

自分は集中力が切れやすいので、それがなかなか克服できずに悩んでいました。でも、ニチガクのスタディルームの静かな熱気は、集中力が云々なんて言っていた自分が情けなくなるほど、ライバルたちは必死に勉強に励んでいます。負けてなるものか!という意地が最後まで頑張りとおせた理由だと思います。自分に刺激をくれた仲間たちも全員合格したのも嬉しかった!

大阪市立大学・医学部医学科 O・Mさん

生活リズムが不規則になりがちな浪人生活ですが、「毎朝10時前には必ず来いよ」という先生の言葉を守り、強制的に規則正しい生活を送ることが出来たことが良かったです。浪人した友人たちを見ていると、浪人したとたん、昼に起きて深夜まで勉強するという昼夜逆転の生活パターンになっている人が多いように感じました。でも、そういう生活パターンになった人からは、希望の大学に合格したという話はありませんね。やっぱり、しっかりと規則正しい生活リズムをある意味「強要」してくれたニチガクの考えは正しかったんだなと。

横浜市立大学・医学部 A・Oさん

恥ずかしながら、じつはいくつかの予備校に通っていた予備校ジプシーでした。気付けば3浪。もうこの後はないと思い、背水の陣でニチガクの門戸を叩きました。入塾直後に受けた試験結果はボロボロ。今までの自分はいったい何をやってきたんだろうと悔しい思いをしましたが、ニチガクで1年間歯を食いしばって頑張りました。不安と戦いながらも成績は順調に上昇しはじめ、ついに念願の横市に! 感謝の気持ちでいっぱいです。

山梨大学・医学部 A・Kさん

集中して勉強することが出来た1年でした。それは、自分がこれから先やりたいことを見つけ、それに向かって悔いが残らないように、できる限りの勉強をしようと考えることが出来るような環境だったからだと思う。一番よくないのは、中途半端で終らせてしまうことだと思う。自分が後悔しないように、自分の力を信じて頑張って欲しい!

東京大学・医学部 S・Hさん

大変でしたけど、この1年は本当に充実していました。1日もかかさず毎朝ニチガクのSR(スタディルーム)に行き、夜は教室から追い出されるまで勉強し、家に帰った後も、残りの課題に徹底的に取り組みました。苦手な単元は、個別指導の時に何度も質問をして弱点を潰しました。わからないところはチューターの方に質問し、完璧に理解するように努めました。小論文対策では毎回答案をとても丁寧に添削してもらい、本当に役立ったと思います。また、個別指導は数学を中心に受けていたのですが、ビシビシ指導してもらい、自分の弱点や抜けているところを指摘してもらいました。こうした予備校の環境の良さも手伝い、9月以降の模試の偏差値では、現役の頃よりも各教科平均で20以上も上がり、そのことが大変な自信につながりました
サポートしてくれた皆様方、本当に有難うございました。

北里大学・医学部 A・Aさん

現役時代の最大の失敗は、自宅での勉強でした。自宅で勉強しているとついつい誘惑に負けてしまって、思うようにはかどらなかったのです。しかし、ニチガクで浪人生活を1年過ごした間は、自習に集中でき、わからないところもすぐその場で解決することが出来たのでとても良かったです。
ここに通ったこと、塾長に出会えたことで、絶えず緊張感を持つことが出来てとても良かったと思います。

島根大学・医学部 W・Kさん

私にとってのニチガクは、「勉強しなきゃ」という空気を感じさせてくれる場所を与えてくれました。自分なりには勉強の効果がどうこうではなく、自分のなかの「気合い」だったのだと思います。勉強的には、本人のやる気次第でどこまでも向上させてくれる予備校でした。個別指導が本当に良かったです。さすが東京です。地元には、一流大学の医学部生が、こんなにもたくさん集まる場所ってないですからね。
アドバイスにも何にもなりませんが、私の感想でした。皆さんも常に貪欲に、どんなことでも相談してみれば、手助けしてくれるところだと思います。頑張ってください。

金沢医科大学医学部医学科 推薦合格 C・Mさん

私の場合は推薦入試だったので、一般入試とは少し異なるかもしれませんが、やはりすべての科目に共通して基礎力が重要でした。日頃から基本を徹底して勉強するよういわれ、特に英語と数学の勉強は毎日コツコツと積み重ねていきました。
小論文は、文章を要約したり、自分の経験のなかから具体例を探したり、積極的に自分の意見を表現するなど、根本的な日本語力を鍛える指導をしていただきました。面接に関しては、トレーニングの際に何度も話したり、文章で書いたりしていたので、面接で聞かれてもスムーズに話すことができました。
これから受験に臨む方、受験勉強はつらいことも多くあると思いますが、自分自身の力を信じて頑張ってください

北里大学・医学部 S・Dさん

やりました!これで念願の医大生になれました!
ニチガクは、大手と違って先生と生徒の間がかなり親密で、距離が近いぶん、ちょっと勉強を怠けると口うるさく文句をいわれて大変な思いもしましたが、いまとなっては良い思い出です

福島県立医科大学医学部医学科 Y・Oさん

ニチガクに通って一番良かったことは、ハイレベルな授業と熱心に指導してくださる先生方に恵まれたことでした。数学の授業で繰り返し言われた「問題の構造をつかむ」原則を、あらゆる教科に適用することで、どんどん問題が解けるようになりました。個別指導の際はチューターの方々に授業の予習や復習の際、分からないところを気軽に質問することが出来たので、それがとてもありがたかったです。担任の先生との面談は、勉強の見通しを立てるのに役立ちましたし、やる気になる言葉をたくさんもらえたので、それも良かったです。
一年間、お世話になりました。

順天堂大学医学部 Y・Nさん

家ではあまり集中できるタイプではなかったので、SR(スタディルーム)でまるまる1日勉強できることがとても良かったです。
参考書や本などの資料もたくさん置いてあり、とても便利だったので、すっかりSR中毒になってしまい、一年間の時間の半分以上は、確実にSRで過ごしていたはずです。これがきっと良かったと思います。自分の想像以上に、がっちりと勉強することが出来ましたから。
周囲で合格している仲間も、だいたいSR中毒者でしたね(笑)。

昭和大学・医学部 H・Kさん

合格して良かった!! 塾長をはじめ、先生方のおかげだと思っています。医学部1本に志望を絞っていただけに、合格できるのか不安だったのですが、自分の番号を見つけた時は、ホッとして思わず涙がこぼれてしまいました。
これからもちょくちょく顔を出させてもらうと思うので、その時はよろしくお願いしますね。本当にお世話になりました。ありがとうございました!!

東邦大学・医学部 T・Mさん

本当にうれしいです! そして本当にありがとうございました。先生方の1人1人への進路相談、個別指導、小論文の指導、塾長の面接練習などなどたくさんのことでお世話になりました。中学受験の時とは全く違う喜びです。本当にありがとうございました。

東京慈恵会医科大学・医学部 T・Kさん

絶対に最後まで諦めず、自分が本当に行きたい大学への熱い思いが消えない人が受かると思います。ですので、周囲からはダメとか無理とか言われても、第一志望は変えないほうがいいです。自分が本当に行きたいところに向かって努力してください。私もくじけそうになったことが何度かありましたが、初心忘れるべからずの精神で頑張りました。皆さんありがとうございました。

慶應義塾大学・医学部 T・Tさん

最高に嬉しいです!!! 信じられないくらいです。今までホントに地道にやってきて良かったです。何度も投げ出したくなる時がありましたが、多くの仲間に支えられ協力があったからこそ、今の私がいるのだと思います。
最後まで諦めずに自分を信じれば夢は叶う!!ありがとうございました。

千葉大学・医学部 N・Nさん

毎日毎日、家との往復生活でした。ニチガクでは授業に自習に個別にと忙しく、勉強以外のことを考える余裕なんてまったくない。こんな日常でしたが、これからは、家と大学の往復生活というバラ色生活を過ごさせていただきます! いや、これからが大変かも。気を引き締めて頑張ります!

筑波大学・医学部 C・Nさん

普段の授業の予習も確実にこなし、授業中は先生の話を聞きもらさないで集中することが大切です。復習も大変だけど、帰りの電車の中で復習するのも1つの手です。
とにかくこのスタイルを貫いたことが第一志望大学に合格できたと言っても過言ではありません。いろいろ不安なことが出てきて、弱気な私は本当に辛かったけど、担任の先生のあたたかいご指導に支えられました。個別指導も弱点の発見と解決にとても役に立ちました。私にとってニチガクでがんばれたことは、本当にラッキーな事だったと思います。本当にいろいろありがとうございました。

自治医科大学・医学部 Y・Tさん

私はこの予備校で勉強し、合格できて良かったと思います。ここで必要なことは、自分から勉強していく姿勢だと思います。まず、勉強したいという気持ちにしてくれた、たくさんのチューターは毎日の受験勉強の大きな支えでした。SRでチューターや先輩と話をして、受験に対する生の声をたくさん聞いていたことで他の人より不安が少なくなりました。とにかく自分のやるべき事を自分でしっかり考えることが大切だと思いました。そして、信頼できる先生、チューターがずっと指導応援してくれて本当に良かったです。今まで、ありがとうございました。ラスト一ヶ月、必死にやった成果がでてうれしいです。最後まであきらめなくてよかったです。

順天堂大学・医学部 Y・Mさん

小論文を塾長先生に見て頂いたおかげで、第1志望に合格できました。とても嬉しいです。大学に入ってからも頑張ろうと思います。どうもありがとうございました。これ以上浪人を重ねないで済み、しかも第一志望に合格できたのでホッとしています。塾長に出会えたことは私の宝物です。本当にありがとうございました。

関西医科大学・医学部 S・Hさん

やっと開放されました!
担任の先生、チューターの先生方、ありがとうございました。大変お世話になりました。おかげさまで無事に合格することができました。今までの勉強のアドバイスが役に立ちました。留年したらかっこ悪いので入学したら今まで以上に勉強、がんばります!

大阪医科大学・医学部 M・Gさん

苦労が報われた。努力が実った。自分がやってきたことが結果につながってよかったです。支えてくれた先生、友達、家族にありがとうをたくさん言いたいです 。面接、小論文の練習を重ねたことも合格につながったと思います。本当にこの予備校に入って良かったです。
塾長、担任指導部の先生方、たくさんのチューターの先生方にお世話になりました。感謝しています。

東京慈恵会医科大学・医学部 K・Yさん

まだ受かったことが信じられないのですが、とてもうれしいです。自分を信じて頑張れば必ず結果はついてくるんだということがわかりました。授業だけではなく個別指導をたっぷり受けられたことがとても助けになりました。
今までお世話になった塾長先生、チューターの皆さんやその他多くの方に本当にお礼を言いたいです。ありがとうございました。本当によくしてもらいました。色々と迷惑をかけてしまった時もあったけれど温かく見守ってもらいました。本当に努力したことは必ず報われると信じた結果です。

日本医科大学・医学部 M・Aさん

医学部目指して現役時代から結構勉強していたつもりだったんですが、気ばかりが焦り、五里霧中だったんだと思います。ニチガクに来てからは、私の問題点を担任の先生がわかりやすく整理整頓してくれました。希望の大学に合格できたのは、現状の自分に合った指導と合格につながる戦略を提示してくれたからだと思います。そしてそれに沿って個別で弱点を得意に変えるための訓練。少しずつ成長しているんだという実感を持てたので、安心して勉強できました。

日本大学・医学部 I・Sさん

まだ夢のような気がしています。推薦を受けて本当に良かった。すごく嬉しいです。
受かったのは担任の先生の勉強指導や、塾長の小論文・面接の指導、先生方の集めてくれた資料、チューターの方々や友達の応援など、本当に皆のおかげです。感謝しています。最後まで諦めずに頑張ったので、一番行きたかった大学に合格できました。

近畿大学医学部・医学部 K・Aさん

1浪目は大手予備校、2浪目はニチガクで頑張りました。入塾した時のチェックで、基礎はおおむね出来ていると診断されたので、基礎学力の補充は弱点補強授業と個別指導で穴埋めし、それ以外の時間は、主に演習を中心に勉強しました。論述試験に関しての対策はまったくやっていなかったので、小論面接講座はためになりました。
日々の不安やストレスを軽減させてくれたチューターの皆さんや担任の先生には感謝です。

杏林大学・医学部 K・Kさん

とても嬉しい気持ちでいっぱいです。塾長講座で面接を何度も練習したことが本番での自信につながり、合格へとつながったのだと思います。学科試験に向けての勉強は、チューターの方に何度も質問をしたので、この塾の良いところを全面的に活かせたからこその結果です。本当に今まで支えてくれた周りのみなさんに感謝の気持ちでいっぱいです。最後までとりあえずやりきったと思うので、大学生活も気をゆるめすぎずに楽しみたいと思います。お世話になった先生方、どうもありがとうございました! !

東京女子医科大学 M・Aさん

大勢の生徒が受ける集団授業の予備校とは違い、自分の実力にあったレベルから段階的にステップアップするよう引っ張ってもらえたことが良かったです。また、苦手科目の英語を個別指導で徹底的に鍛えてもらうことができたことも良かったと思いました。

国際医療福祉大学医学部 M・Iさん

ずっと受験勉強をしていると、一体いつ終わるのだろうと不安になってくることがあります。そんな時に救いになったのがチューターや担任の先生からの励ましの声でした。これに何度救われたかわかりません。充実した1年でした。

ご相談・お問い合わせはこちら0120-182-502受付時間 13:00~21:00

資料請求・お問い合わせ お気軽にお問合せください